UR賃貸ごきげんリサーチ 現在UR賃貸が管理するマンションは民間のものに比べてそれほど大差はありません。

Author Archives: Firstuser

子育て世帯に優しいUR賃貸

団地内の緑豊かな公園ではしゃぐ子供たち、温かく見守る赤ちゃんを連れた若い夫婦…UR賃貸のCMってこういったファミリー向けの物が多いですよね?といっても、旧公団が名前を変えて、イメージを一新したいだけで実状は別に変わっていないのでは?と思っていましたが、時代の変化と共に、住宅供給のスタイルも変化しているようです。

Read more →

色々メリット、UR賃貸に住んでみませんか?

さわやかな緑の中、友達と遊ぶ子供たち…こんなさわやかなUR賃貸のCM,印象的ですよね。

(関連記事紹介 ≫ http://www.machinami.or.jp/contents/publication/pdf/machinami/machinami054_11.pdf

当初はUR賃貸?と聞いて新手の不動産会社かと思いましたが(と思うほどのおしゃれっぷりでした)旧公団が統合され、UR都市開発機構、UR賃貸と名を変えて住宅の供給をしていると知ってびっくりしたものです。

公団と言えば、安いけど古い、といったイメージですね。

公団は、かつては人口の増えた都市部で住宅が足りないことに対し安く多く住宅を供給する為にありました。

しかし、時代の推移と共に住環境も変わってゆき、需要に変化が生まれると住宅の「質」を重視する向きになります。

現在、UR賃貸の管理する物件は昔のイメージの団地で思うとそれほどの割安感はないかもしれませんね。

高級なハイクラス物件も増えています。

しかし、UR賃貸の最大のメリットといわれる礼金、仲介手数料、更新料ゼロというのはトータルで見ると割安になりますよね。

更新料などは数年に一度とはいえ、家賃の1〜2ヶ月分ですからかなり大きな額です。

部屋の作りなどもしっかりしていて間取りも広いのが特徴ですので、民間で同じ場所で同じ家賃のところがあっても少し間取りにゆとりを持って暮らすことが出きるのでお子さんがいらっしゃるご家庭などは良いのではないかとも追います。

また、入居もかつてのように抽選ではなく空いたところに申しこむことのできる先着順なので、精神的にも負担が少ないといえます。

ただし、新築物件につきましては抽選となっているようですのでご注意を。

UR賃貸、住むための手順

かつての公団であった、UR賃貸。

最近はちょっとおしゃれなCMなんかも流れていて、大分昔とイメージが変わったな〜と思われる方も多いのでは?保証人が不要、礼金、更新料、仲介手数料が無料などメリットが多いUR賃貸ですが、実際に住むにはどういった手順が必要なのでしょうか?まず、団地と聞くと「抽選」というイメージが大きいのではないかと思うのですが、実はUR賃貸は抽選ではなく、先着順です。

Read more →

UR賃貸のメリット、デメリット

UR賃貸と聞くと、どんなイメージですか?昔の公団のイメージは、安い、ちょっと昔っぽい団地という感じでしたね。

公団がURに変わってから、CMなどの効果もありイメージは格段にアップしました。

Read more →